> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
> 生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か−厚労省調査(時事通信)
 生活保護受給者の自殺率(10万人当たりの自殺者数)が、全国民平均の2倍以上高いことが9日、厚生労働省の調査で明らかになった。2008年は受給者54.8人に対し、全国民平均は25.3人。同省は「自殺要因の一つである精神疾患の割合が、受給者で高いことが影響しているのではないか」と分析している。生活保護受給者の自殺率公表は初めて。
 調査結果によると、08年の生活保護受給者153万7893人のうち843人が自殺。自殺者の68.9%に当たる581人が何らかの精神疾患を抱えていた。同年の精神疾患の患者数の割合は、全人口が2.5%だったのに対し、生活保護受給者は16.4%と際立って高かった。同省は、貧困などが精神疾患を引き起こしたケースもあるとみている。 

【関連ニュース】
自殺者最多は3月1日=休日は減る傾向
ホームレス、全国で1万3000人=減少幅は過去最大
自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ
犠牲者10人の冥福祈る=「たまゆら」火災から1年
つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い

民主・小沢幹事長、訪米見送り…普天間に配慮(読売新聞)
パトカーの覚せい剤、3年前に移送の男が隠す(読売新聞)
【風】「高校、義務教育ではない」(産経新聞)
校庭にミカン苗、容疑者の土地が消防署にも(読売新聞)
参院選へ新党結成=10人以上を擁立−山田杉並区長ら(時事通信)
[PR]
by ui8ycpmlan | 2010-04-12 23:06